平野泰子個展「Gesture」

平野泰子個展「Gesture」

2024.02.09 – 2024.02.25

12:00-19:00 月・火・水 休廊(祝日開廊)

平野泰子個展「Gesture」

この度、ARTDYNEは2024年2月9日(金)~2月25日(日)までの期間、平野泰子個展「Gesture」を開催いたします。

平野は1985年富山県生まれ、2007年に京都精華大学芸術学部造形学科洋画専攻を卒業。その後も定期的に発表を続け、2015年のVOCA展にも選出。現在も神奈川県で精力的に制作を行っています。

平野作品の制作方法は、木製パネルにキャンバスを張り、膠と石膏を下地として施します。そして乾燥した下地を丁寧に研磨した後、赤・青・黄の三原色の油絵具を幾重にも塗り重ねたものを作品としています。

焦点を合わせることが難しい、複雑な奥行きを持つ不思議で豊かな画面は、一貫して「見る」「見られる」という行為とその関係性に注目してきた平野の平面絵画に対する一つの答えです。さらに今回彼女が新たに言及した、行為を通して生じる「余剰」。その相関性を探ることは、これからの絵画の可能性を具体化させるものとなるでしょう。

ARTDYNEでの平野の初個展となる今展では、新作約15点を展示販売いたします。皆様にぜひともご高覧頂きたく、よろしくお願いいたします。

 

アーティスト・ステートメント
私の作品は、三原色を塗り重ねるという『行為』と、それによって生じる、行為を超えた意味や感情の『余剰』が存在します。
筆運びは意図的ですが、それと同時に意図せぬ想起や見つめ返されるような複数の視点をもたらすことがあります。
『行為』とその副産物のように現れる『余剰』の相互作用をひとつの空間に展示します。

平野泰子

作家略歴

平野泰子|Yasuko Hirano

1985

富山県に生まれる

2007

京都精華大学芸術学部造形学科洋画専攻卒業

個展

2023

「山ではなく頂が平面であること」TEZUKAYAMA GALLERY(大阪)

2020

「YASUKO HIRANO EXHIBITION “UNFOLD ROOM“」stoop(東京)

2018

「呼びかけられる」Gallery PARC (京都)
「不確かな地図」CALM&PUNK GALLERY(東京)

2013

「Twilight」masayoshi suzuki gallery(愛知)
「 隠れた形-影になる」a-room(京都)

2009

「Twilight」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2007

「そこに在るもの」7-23ギャラリー(京都精華大学)

グループ展

2022

「Directors’ Selection – FOCUS」Tezukayama Gallery(大阪)
「完璧に抗う方法 – the case against perfection –」あをば荘(東京)

2021

「New Positions 2021 日本の抽象絵画:田中秀和・西川茂・平野泰子」taguchi fine art(東京)
「Pictorially yours,」表参道画廊(東京)

2016

「下町芸術祭 ウィズ・ペインター」神戸市立地域人材支援センター(兵庫)

2015

「VOCA展 2015 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京)

2014

「WHEN THE CONTRASTS FADE AWAY」PINE BROOKLYN(大阪)

2013

「ARTIST FILE 05」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2012

「ARTIST FILE 04」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2011

「贈り物」masayoshi suzuki gallery(愛知)
「ARTIST FILE 03」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2010

「ARTIST FILE 02」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2009

「ARTIST FILE 01」masayoshi suzuki gallery(愛知)

2007

「ささげるこころ展」7-23ギャラリー(京都精華大学)
「修仁展」7-23ギャラリー(京都精華大学)
「アミューズアートジャム2007」(京都)